a spoonful of blues
C級グルメと自作料理の記録。でもカレーだけはA級!ときどき音楽、読書、わんこネタ。

profile

spoonful

Author:spoonful
「いつかはグル○○、そしていつかはカレー屋・・・」を夢見る素人料理人。

recent entries

recent comments

recent trackbacks

monthly archives

categories

cookin' (277)
my curry (78)
out to lunch (147)
instant love (208)
readin' (12)
グルコバ (25)
goin' out (50)
drinkin' (16)
mornin’ (21)
sometimes retort (10)
dogs (3)
listenin' (2)
season (10)
sweets (12)
shoppin' (2)
workin' (3)
Thank you (7)
my blog (2)
未分類 (3)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
お知らせ
このブログはこれで終わります。

前のブログから数えると約6年になります。

つまらない話題にお付き合いくださった皆様に心から感謝・・・です。

ありがとうございました。
スポンサーサイト
ばんめし
11月29日(月)

休日のばんめし。

安ワイン。

ワイン

海老ふりゃー」。

エビフライ

鯵ふりゃー」。

鯵

鰆の塩焼き」。

鰆

たんからのり」で、

たんから

ごはんわしわし。

いただきます
えて吉さん、ishさんと行く!第6回讃岐うどん巡り~六軒目~
トリは「さか枝」。

さか枝

いい感じの店内。こういうところに毎日来たい。

ぶっかけひや」。

ぶっかけ

いただきまぁ~す。

いただきまぁす

なんら過不足のない。完璧。

昭和35年創業だそうだ。その歴史が作り上げた味。恐れ入りました。

今回のうどん巡りも素晴らしい内容だった。えて吉さんとishさんに大感謝。

ああ・・・、岡製麺所のしっぽく・・・。もう一度食べたい。

えて吉さん、ishさんと行く!第6回讃岐うどん巡り~五軒目~
この路地の奥。こんなところにうどん屋が・・・。「名もないうどん屋」。

ここ

店内は地元感満載。声も出ず・・・。

出てきたうどんはこんなん。「釜玉」。

釜玉

ぬぉーー!! なんというべっぴんさん。

食べていい?? いただきまぁ~す。

いただきまあす

こんなところに(失礼・・・)こんなうどんがっ・・・。

ますます恐るべし、讃岐うどん。

えて吉さん、ishさんと行く!第6回讃岐うどん巡り~四軒目~
四軒めは「のぶや」。

のぶや

ishさんは「松岡」とここのしっぽくをメインターゲットにされていたようだ。

私は麺をメインに「醤油うどんひや」で。

ひやぶっかけ

いただきまぁ~す。

いただきます

ずしんとくる麺。硬いわけではない。重い感じ。食べ応えのある麺というべきか。

このうどんでこの「しっぽく」はきついわな。・・・凄い。

しっぽく

ishさんもさすがに撃沈。

恐るべし・・・、讃岐うどん。
えて吉さん、ishさんと行く!第6回讃岐うどん巡り~三軒目~
三軒目は「岡製麺所」。

岡

このお店については何の知識も先入観もなかった。どこかのブログでは見たことがあるんだろうけど、特に印象に残らなかったのだと思う。

店に入るまで何をどんなふうに食べようかも考えておらず、「松岡」でしっぽくをパスしたので、次は「しっぽく」にしようかな~くらいに思っていると到着。

メニュー

実は私、しっぽくって「青い屋根の谷川」でしか食べたことがないのだ。

しっぽく

岡製麺所の「しっぽく」。いただきまぁ~す。

最高~

ところがだ。これが何だかとんでもなくうまかったのさ。いや、マジで。「この世にはこんなうまいものがあったのか・・・」とまで思ったのさ。

そんな大げさな・・・と思われるかもしれないが、本当だ。車に乗り、店をあとに走り出すと、「うまかったなあ~」と思ったら涙が出そうになった。

この日の最高点はもはやこの「しっぽく」に決まりだ。

えて吉さん、ishさんと行く!第6回讃岐うどん巡り~二軒目~
二軒目はあの「松岡」。

松岡

初めてのうどん巡りで私の中では最高得点だった店。再訪できただけでもうれしい。

ここではishさんは完全にしっぽく狙い。えて吉さんは「宮武系でも松岡ならひやでも・・・」と言いながら店内へ。が、ishさんに続いてえて吉さんもしっぽくをオーダー。しかし私は敢えてしっぽくは頼まず、「ひやひや」で。

ひやひや

前回の感動の味をもう一度確認したかったのと、しっぽくはみたび訪れることができたときの楽しみに取っておこうと思ったのだった。

いただきまぁす

この日の「ひやひや」は前回よりごちっとした歯ごたえだ。出汁の濃厚な風味は変わらず、前回よりは塩分濃度がすこし高い感じがした。全体に前回より「剛」な印象。この麺なら熱い出汁のしっぽくもうまいんだろうなと思った。

案の定、しっぽく組のお2人は「うまいなあ~」と言いながらあっという間に完食。お店を出てからもishさんは「いや~、うまかったなあ~」と2回ほどひとりごちておられた。

よし、「松岡のしっぽく」、今後のうどん巡りの目標ができたな。
えて吉さん、ishさんと行く!第6回讃岐うどん巡り~一軒目~
1月24日(月)

ちょっとブログの方針を転換。

このブログはあくまで自分のための記録として書いてきたので、大ネタ小ネタ(ほとんどが後者だが・・・)を問わず、時系列に従って記事を載せていくことを旨としてきた。しかし昨年あたりからいろんなことが忙しくなり、ブログの更新もままならず、今やリアルタイムに2ヶ月以上の後れを取るに至っている。そしてこの後れを挽回するめどは今のところまったくない。・・・どころか、今後ますます拡大していく可能性が大である。

そこで問題になるのがイベント事。

人様にお世話になったイベントを何ヶ月も放置してからアップするのはやはりいけないと思い立ち、時系列を無視して優先掲載することにした。

まずは先日連れて行って頂いた「第6回讃岐うどん巡り」から。

1月は超繁忙期で、正月に1日休みがあって以来、ようやくこの日が今年2日目の休み。うまく日程の合ったえて吉さん、ishさんと3人でうどん巡りに行くことになった。

いつものように最寄り駅でえて吉さんに拾って頂き、兵庫駅前でishさんが合流。いつもより少し早いペースで橋を渡った。道中、さすがに疲れがたまっていた私はうとうと。気がつくとすでに高松自動車道だった。淡路島を寝て通過ってこと・・・。申し訳ありません。

9時半過ぎには一軒めに到着。いい感じの空腹状態で一杯めが頂ける。一軒めは「がもう」。

がもう

S級店で私が未訪の最後の一軒ということで選んで頂いた。

「がもう」といえば私の中ではこの方のブログのこの記事が印象的で、以前から「がもうに行ったら私もこれで」と決めていたのだが、この日は後にどこかでしっぽくを食べることになるので、少しでもおなかの負担を軽くしておこうというわけで、揚げのトッピングはあきらめ、「かけ小」で。

ここは外で食べるのがいいらしく、お店の前のベンチで頂くことに。

うどん

朝のきんと冷えた空気に温かいうどん。もうそれだけで幸せだ。

麺は細めでこしも強くなく、つるっとした食感。何度か出汁から持ち上げてすすっていくと、外気に冷やされて少しずつうどんの表情が変わっていくように思えるのが面白い。「うどんが生きている」、そんな気がした。

ちゅるちゅるとのどを通って胃の腑におちていくうどん。何だかとてもめんこい。

朝いち、寒い、好天、空腹、空いてる、好条件がそろった「朝がもう」の魅力を十分味わえたと思う。

search this site

RSSlink

links

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

QRコード

QR

フリーエリア

   


copyright 2005-2007 a spoonful of blues all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。