a spoonful of blues
C級グルメと自作料理の記録。でもカレーだけはA級!ときどき音楽、読書、わんこネタ。

profile

spoonful

Author:spoonful
「いつかはグル○○、そしていつかはカレー屋・・・」を夢見る素人料理人。

recent entries

recent comments

recent trackbacks

monthly archives

categories

cookin' (277)
my curry (78)
out to lunch (147)
instant love (208)
readin' (12)
グルコバ (25)
goin' out (50)
drinkin' (16)
mornin’ (21)
sometimes retort (10)
dogs (3)
listenin' (2)
season (10)
sweets (12)
shoppin' (2)
workin' (3)
Thank you (7)
my blog (2)
未分類 (3)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
わんこBabiesその後
長女出産からほぼ一ヶ月。Babiesも大きくなった。

一昨日から離乳食。がっつり食べてくれている。

成長の様子は家人管理のわんこブログ「陽だまりワンコのさもない日常」をご参照。当ブログからもリンクを張っておいたので。

そろそろ飼い主さん探しも始めないと・・・。すでに一件、ご予約頂いている方もあり、有り難い限り。

当ブログをご覧の方で、うちのBabiesをかわいがって下さる方がいらっしゃったら、是非ご連絡下さい。

お待ちしております。
スポンサーサイト
長女の出産
家人が管理する我が家のわんこブログではすでに記事がアップされているので、緘口令は解除。年末にもったいぶった表現を何度かした手前、こちらでも一応その中身をご報告しておかねばならないかなと思い、簡単に記事にさせていただくことにする。

我が家の年末の一大イベントとは、実は長女Cherieの出産だったのだ。これで私もグランパとなったわけである。

わんこの繁殖については、いろいろな問題や責任が伴うので、これまでもずいぶん考え、迷い、相談してきたのだが、長女が「初産ならここまでには」というラストタイミングの今回、思い切ってチャレンジしてみることにした。

お相手は長女次女のお里の犬舎の看板犬、ドルチェ君。インターチャンピオンのタイトルを持つ名犬だ。11月に淡路島に深夜ドライブしたりしていたのは実はその件だったのだ。

出産予定日は12月28日。事前の検診で赤ん坊は4匹とわかった。その日私はたまたま休日に当たっていたので、何とかうまく予定通りにいって欲しかったが、26日未明、始まってしまったのだ。

その夜はTさんのためにタンドリーチキンの漬けだれを仕込んで(これは後日大好評だったが)ひと息つき、12時も近づいて、翌日も早いのでもう寝てもいいかなと思っているところに、家人が「よそんちのごはんのお世話してる場合じゃないよ。・・・来たかも」。

確かにCherieはやけにそわそわせかせかと動き回っている。これは間違いなさそう。1時間ほどで明らかにいてもたってもいられないという様子になり、盛んに「ここほれわんわん(巣づくり行動)」を繰り返す。それから1時間ほどしてついに最初の子を出産。逆子でなかなか出て来にくかったが、何とか無事に取り上げることができた。お医者さんからは帝王切開もありえるといわれていただけに、自然分娩で生まれてくれてほっとひと安心。

へその緒を結んだり切ったりは、度胸のある娘っ子が担当。生まれたばかりの子のケアを家人と二人でやり、その後も大活躍だった。私はもっぱらCherieの介護を担当。役割分担もなんとなくできていくものだ。

それから1時間後、第二子が誕生。この子はわりとすんなり生まれた。しかし第三子は再び逆子。しかも大きかったので一番の難産に。娘っ子がこわごわ引っ張りながら介助。何とか出てきたものの、呼吸ができていず、肺がぺしゃんこになっていた。人工呼吸に心臓マッサージ。と言っても、口から息を吹き込んだり、胸をなでたり、トントンと刺激したり、そんなに難しいことではない。しかしそれすらもわからないド素人の私たち。私も家人も娘っ子も、事前に勉強してイメージトレーニングしてきたつもりだったが、その程度の付け焼き刃ではこういう緊急状態には対応できない。そんな私たちをサポートして下さったのが淡路のお里のブリーダーHさん。ほとんどひと晩中、付き合って下さり、電話を通じて、まるで側に付いて見守って下さっているかのような的確なアドバイスを下さった。今回の出産を無事乗り越えられたのも、そしてこの第三子の命があるのも、Hさんのおかげだと深く感謝している。

その後陣痛も弱まってきたようで、Cherieも疲れた様子になり、第四子の出産まではしばらく時間がかかりそうだった。こちらは先に生まれた子たちのケアに忙殺されていたのと、疲労と眠気もあって、やや集中力が緩んできていた。そんなエアーポケットな時間帯、気がつくと睡魔に負けかけた私の膝の上で、彼女は最後の第四子を出産していたのだった。その子を取り上げて終了。すべてが終わってほっとひと息つけたのが朝の6時。ちょうど6時間の大奮闘だった。

あんなに小さくてか弱く、これまで私たちに全てを依存してきた長女Cherieが、これほどの大事を乗り越え、4つもの新しい命を生み出したことに、正直、感動した。私は「感動」という言葉の抽象性がどうも好きでないのだが、この日に感じた思いを手っ取り早く表現するには、これほど便利な言葉はないなと思う。人間の我が子の誕生にも二度立会ったが、そのときとは全く異質な、大きな心の振動を味わった夜だった。

仕事に出るまでの1時間を風呂に入ったりして過ごした。こちらも6時間緊張した姿勢でいたため、足がつりそうになっていた。

私が出かける頃にはすでに、Cherieはすっかりお母さんらしい体勢で赤ん坊に授乳していた。それを見て、安心して家を出ることができた。

その日はさぞかし眠くてしんどいだろうなあと思ったら、そうでもなかった。きっと高揚していたんだろうな。

Cherie お疲れさま

あとはこの4匹が無事育ってくれることを願うのみ。

Cherie、素晴らしい経験をさせてくれてありがとう。
三本足
前足三本の犬。

三本足

おお~!! ねむねむで不細工な顔してるけど・・・。















実は2ワン合体なのだった。

種明かし



上が三女のMeg、下が次女のRubyなのだ。チャンチャン。


search this site

RSSlink

links

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

QRコード

QR

フリーエリア

   


copyright 2005-2007 a spoonful of blues all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。