a spoonful of blues
C級グルメと自作料理の記録。でもカレーだけはA級!ときどき音楽、読書、わんこネタ。

profile

spoonful

Author:spoonful
「いつかはグル○○、そしていつかはカレー屋・・・」を夢見る素人料理人。

recent entries

recent comments

recent trackbacks

monthly archives

categories

cookin' (277)
my curry (78)
out to lunch (147)
instant love (208)
readin' (12)
グルコバ (25)
goin' out (50)
drinkin' (16)
mornin’ (21)
sometimes retort (10)
dogs (3)
listenin' (2)
season (10)
sweets (12)
shoppin' (2)
workin' (3)
Thank you (7)
my blog (2)
未分類 (3)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
たまご焼きのカレー
1月7日(木)

今年初のそとカレー。この日は、かなり以前から気になっていたカレー屋に行ってみた。

玉造の「東成きんせい」の隣り、「カレー帝国インカ」。

インカ

ここは開店当初から注目していて、何度か食べている。カレーのコンセプトは大いに支持なのだが、いまいち肯定的な評価ができないでいる。いつも何か物足りなさを感じるのだ。

何が足りないのか、ずいぶん考えてみたが、わからない。他は足りていて、何かが欠けているというよりも、バランスはとてもいいのだが、それが全体に「弱い」という印象なのだ。この方向できっと旨いカレーが作れるはずだと思えるのだが、残念ながらそこまでには至っていない感じ。素質には恵まれて大成が期待されるが、まだまだ若くて経験不足なスポーツ選手、って感じだ。

そう思いながらしばらくご無沙汰していた。あとで調べてみると、この日は一年半振りでの入店だった。

この店の特徴は、カレールーが二種類あるということ。お店では「野菜」と「バター」と呼ばれている。以前は「野菜系」と「ドミグラス系」と呼ばれていた。ベジとノンベジというわけではなく、香味野菜の旨味を中心に組み立てられたルーと、バターを加えて旨味とコクをより強調したルーということのようだ。でもこのネーミングでは初めての人にはわかりにくい。店内やメニューにも説明がないし。特にカレールーに「バター」というのはイメージがわきにくいのではないか。せっかくルーが選択できるのが売りなのに、そこをもっとアピールしないと。「ソフト」と「ストロング」とか、「ライト」と「ディープ」とか、イメージキャッチーな名称にして、それぞれの特徴の説明をメニューに記載するなどすればいいのではないかな。この点は改善の余地ありだと思う。

私の経験では「野菜」の方が有力。お店の方からもそちらに自信ありと以前伺ったことがある。この日のオーダーは日替わりの「たまこ焼きのカレー」。

メニュー看板

「野菜ルー、ごはん多め」でお願いした。
これがそれ。

玉子焼きのカレー

たまこ焼きはごはんを覆う薄焼き玉子のことだった。

玉子焼き

この下のごはんは押し麦入り。大中小同じ価格だ。

野菜ルー

ではいただきまぁ~す。

ひと口食べて驚いた。

これは以前と違う。明らかに旨くなっている。何が変わったのか考えながら慎重に食べ進んだ。

まずは酸味が増した。クミンの香りがおもてに出てスパイス感がアップした。そのおかげか、香味野菜の旨味も強く感じられるようになった。全体にいろいろな味の要素がしっかり伝わってくる感じだ。玉子と一緒に食べると幾分マイルドになるが、それでも負けずに力強さが伝わってくる。これは以前の物足りなさを克服した味だと言ってよいのでは・・・。なかなかヒットじゃないか。

他にお客さんがいなかったので、食べ終わってお店の方に声をかけてみた。

「一年振りくらいに来てみたんですけど、おいしくなりましたね。びっくりしました。」

「そうですか!?」とおっしゃるかと思ったら、すかさず「そうでしょう!」。

それから作り方の以前との違いをいろいろと教えて下さった。なるほどと思えるお話ばかりだった。私が以前感じていた物足りなさも、この日感じた旨さも、的外れではなかったのだなと納得できた。

辛さは個人的には物足りないが、一般的なレベルだとこんなものかなと思う。備え置きの「マリー・シェープ」のソースで調整するようにはなっている。

旨いカレーにしていくための抱負もいくつか伺った。これからも期待できそうだし、注目していきたい。

幼くてシャイな少年が、しばらく会わない間にすっかり逞しい青年に成長したのをまのあたりにしたような気がして、嬉しかった。これからますます世間の荒波に揉まれて、強く逞しくなって欲しいと思う。

まだまだ発展途上とはいえ、現時点でもかなり高水準にあると思うので、世のカレーイーター諸氏には是非一度訪れてみられることをお勧めしたい。
スポンサーサイト
こばやし
なりきんには何度か行ったことがあり、そういやこんな店が隣にあったなという覚えはありますが、カレー店だったとは気づきませんでした。

今は寒いのでここまで来るのは難しいですが、暖かくなって来たら一度行ってみます。

カルータラの夜は事前にいくつか日程の候補を決めていただければ(嫁の仕事との兼ね合いがあるので)、参加させてもらいますよ~。
2010/01/17(日) 15:51:02 | URL | [ 編集]
spoonful
なりきんっていうんですね。
ここも是非一度お訪ねください。
その後、「バター」も試しましたが、やはり「野菜」のほうが旨かったです。
「Kalutara」、暖かくなって少しひまになれば、是非行きたいですね。その節はよろしくお願いします。
2010/01/19(火) 14:28:48 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

search this site

RSSlink

links

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

QRコード

QR

フリーエリア

   


copyright 2005-2007 a spoonful of blues all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。