a spoonful of blues
C級グルメと自作料理の記録。でもカレーだけはA級!ときどき音楽、読書、わんこネタ。

profile

spoonful

Author:spoonful
「いつかはグル○○、そしていつかはカレー屋・・・」を夢見る素人料理人。

recent entries

recent comments

recent trackbacks

monthly archives

categories

cookin' (277)
my curry (78)
out to lunch (147)
instant love (208)
readin' (12)
グルコバ (25)
goin' out (50)
drinkin' (16)
mornin’ (21)
sometimes retort (10)
dogs (3)
listenin' (2)
season (10)
sweets (12)
shoppin' (2)
workin' (3)
Thank you (7)
my blog (2)
未分類 (3)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
グルコバ Drunk Blues (2)
今回の「グルコバ」は北インド特集。南レシピに不可欠なカレーリーフの端境期だからだ。

これまで「グルコバ」のカレーリーフ需要を支えてきたのは、こばやし家のカレーディグリーズ(勝手に命名)と我が家のカレーフォーリーブスである。我が家ではこの冬生まれたわんこベイビーズのおかげで、フォーリーブスも夜は床暖つけっぱなしの室内に置いてもらえているので、すこぶる元気だ。ついでに近況報告。

近況

私は出自がただの卑しいカレー好きで、南ベジ原理主義者でも何でもないので、北レシピにも何ら抵抗なく、むしろ、「パラク・パニール」や「ダル・マッカニー」といった、グルコバ初期に私が参加できなかった回のレシピに出会えるということで、とても楽しみにしていた。ただ、カレーリーフの香りが全くしないのも寂しいので、おまけメニューをスリランカ仕様にして、フォーリーブスも少しだけ参戦させて頂いた。

そのおまけメニューだが、メインメニューの邪魔にならないように、しかしちょこっと自己主張もしておきたい、そんな思いでいろいろ考えて三品を決めた。好き勝手やっているようで、頭と気は、あるだけ精一杯使っているのだ。そのプロセスがまた楽しいのだが。

ではぼちぼち当日のレポに移らせて頂く。枕の不要な方は次の画像あたりまでスキップして下され。

朝6時から娘っ子の弁当を作り、お出かけ家人を送り出し、わんこシニア、わんこベイビーズと、9匹の世話をこなし、まるで一家の主夫のような(それに近いけど)動きをし、10時頃からようやく出かける準備に取りかかる。カレーリーフやミントをちょんぎったり、おまけメニューに必要な材料を揃えたり。

ところがここで問題が・・・。

マスタードシードがどうしても見つからないのだ。数日前パリッフのテンパリングに使った覚えがあるのに、いくら探してもない。こばやしさんからは今回マスタードシードはないので、使うなら持ってくるように指示されているのに、だ。ブラックをあきらめてブラウンでと決断するに30分近くかかってしまった。

急いで家を出、崇禅寺にはなんとか1時前に到着。近くのライフで昼めしとビールを仕入れ、会場入り。

すぐに作業に取りかかる。

早速こばやしさんから「パニールを作ってもらいましょか」との指示。この日の私のメインは「パラク・パニール」ということになった。昨年グルコバに参加できなかったときに、一人寂しく再現してみたレシピじゃないか。泣かせるなあ~。

気合いを入れて作業開始。

パニール作り

パニール作りから始めて、

水切り

マサラ作り、パニール揚げまで、責任監修でやらせて頂いた。

「パラク・パニール」がひと段落した頃、こばやしさんはマトンカレーのレクチャーをされていた。

レクチャー

レクチャースタイルも今後恒例になるのだろうか。

この辺りから私たちはぼちぼち呑み始め。すかさずえて吉さんが「アテ、出しましょか」と持ってきて下さったのがこれ。

牡蠣のオイル煮

そうか、これが今回のアテだったのか。ブログで拝見して、食べてみたいなあ~と思っていたのだ。オイルで煮てあるのに牡蠣はしっとりふっくら、臭みが抜けて旨味が凝縮。ハーブとにんにくと唐辛子ががそれぞれひと味を添えていてメチャウマ―(゚д゚;)―!!

一気にエンジンに火が入ってしまった。ビールがぶがぶ。

そこへまた、だいこんさんが自家製ショルダーベーコンを投入。それを「ゴヤクラ」特製マサラで炒めたりするから・・・。その傍ら、ももよさんからブラックベッパー風味のクリームチーズ・オン・ザ・クラコットを手渡されたりと、こんなアテ天国にあって呑まずにいられますかい?

ビール、ワインとどんどこ行く。大丈夫か?
スポンサーサイト
ハルクママ
グルコバ…、参加したい…。あぁ切ない。
2010/02/19(金) 09:34:17 | URL | [ 編集]
spoonful
是非名古屋からおこし下さいよ~。
次回はスリランカですからねっ!「ハール・マッソー」、食べてもらいたいなあ~。
2010/02/19(金) 11:22:42 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

search this site

RSSlink

links

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

QRコード

QR

フリーエリア

   


copyright 2005-2007 a spoonful of blues all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。