a spoonful of blues
C級グルメと自作料理の記録。でもカレーだけはA級!ときどき音楽、読書、わんこネタ。

profile

spoonful

Author:spoonful
「いつかはグル○○、そしていつかはカレー屋・・・」を夢見る素人料理人。

recent entries

recent comments

recent trackbacks

monthly archives

categories

cookin' (277)
my curry (78)
out to lunch (147)
instant love (208)
readin' (12)
グルコバ (25)
goin' out (50)
drinkin' (16)
mornin’ (21)
sometimes retort (10)
dogs (3)
listenin' (2)
season (10)
sweets (12)
shoppin' (2)
workin' (3)
Thank you (7)
my blog (2)
未分類 (3)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
北斗星でスープカレー
6月11日(木)

このところ、外カレー食べてないなあ・・・。自分で作るカレーにある程度満足できると、外でわざわざお金を払って食べようと思わなくなる。これではいけない。カレーひっきーになってはいかん。

なので、この日は無理やりにでもどこかでカレーを食べようと、北新地で下車。そんなにも時間がなかったので、手っ取り早く大阪駅前ビルに。ここが珍しくすいていたので即決。

第2ビルB1の「北斗星」。

入店

いつもはカウンターだが、この日は初めてテーブル席に。

隣のおっちゃんが食べていたAセットがメッチャウマそうだったが、そこはこらえて当然スープカレー。ここではスープカレーしか食べたことがない(キッパリ)。

スープカレーは「チキン」、「野菜」、「豚角煮」の三種。やはり食べ応えのある「豚角煮」をついつい選んでしまう。

豚角煮スープカレー

これ。

スープカレー

ごはんはおかわり可能(のはず。かつてはそうだった)。

ごはん

肉喰いではない私でもたまにはこれくらい行っときたい。

肉ごろごろ

いただきまぁ~す。ずるずる~。

いただきまぁす

ベースの鶏、野菜、そして具材の豚の旨みがしっかり効いたスープ。相変わらず秀逸なカレースープだと思う。

しかし・・・以前ほどうまいと感じないのは、やはりスパイスの旨みが足りない、活きてないと感じるからか。

私が求めるカレーは、今はこれとは別のベクトルを持ってしまっているようだ。

次ここにきたら、たぶんスープカレーは食べずにAセットにするなあ・・・。

食べたい外カレーがだんだんなくなってきた。もう「Kalutara」行くしかないやんか・・・。
スポンサーサイト
こばやし
やはり、フレッシュのスパイスを使う店と、カレー粉を使う店とでは根本的な違いがあるように思いますね。

私自身はカレー粉カレー粉した日本カレーのほうが、ビュッフェで食べられるような何の変哲も無い北インドカレーよりも好きだったりします(笑)。

今の大阪でスパイスが立っていて好きなのは、南蛮亭と辛激屋、バンブルビー、らくしゅみってところでしょうか。

2009/06/23(火) 19:58:44 | URL | [ 編集]
spoonful
「辛激屋」さんは未体験です。一度行ってみます。でも長堀橋か・・・。大阪は地下鉄が高いからなあ。交通費を加算するとえらく高いカレーになってしまうんですよね。ゴヤクラとはしご、ってことで行ってみましょか。
2009/06/24(水) 01:13:15 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

search this site

RSSlink

links

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

QRコード

QR

フリーエリア

   


copyright 2005-2007 a spoonful of blues all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。