a spoonful of blues
C級グルメと自作料理の記録。でもカレーだけはA級!ときどき音楽、読書、わんこネタ。

profile

spoonful

Author:spoonful
「いつかはグル○○、そしていつかはカレー屋・・・」を夢見る素人料理人。

recent entries

recent comments

recent trackbacks

monthly archives

categories

cookin' (277)
my curry (78)
out to lunch (147)
instant love (208)
readin' (12)
グルコバ (25)
goin' out (50)
drinkin' (16)
mornin’ (21)
sometimes retort (10)
dogs (3)
listenin' (2)
season (10)
sweets (12)
shoppin' (2)
workin' (3)
Thank you (7)
my blog (2)
未分類 (3)

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
グルコバ14
今回の「グルコバ」のメインテーマは、4月に開かれた渡辺玲氏の料理教室のレシピを再現すること。もちろんその料理教室に参加されたこばやし師の手による。料理教室は日曜日なので、私は参加できていない。その私に課されたミッションは「メインを作れ」。師匠が渡辺レシピの調理とレクチャーに専念しなければならないためだ。

そういう事情なら逃げることもできず、頑張ってみるか・・・となった。

これまではいちびって好き勝手なことをさせて頂いてきたが、今回はそうは行かない。何しろメイン。いや、メインは渡辺レシピか。それにしてもノンベシだ・・・。

これまでの「グルコバ」のノンベシは尊敬すべきレシピの連続だった。スリランカマトンに開眼、スリランカポークに衝撃を受け、マラバールマトンに瞠目し、チキン65で舞い上がり、カルポルポークにぶっ飛び・・・と、そのたびにきっちり復習自作してきたのは、おそらく私だけではないか。それはただ、本番で呑んだくれてちゃんと食べないので、あとでこっそり作ってみているだけとも言えるが、それでも、それぞれのレシピの実力をよく知る者は私だという自負はある。

そんなグルコバノンベジの恥とならないような、できれば食べて下さる方の記憶に残るものを作りたい。果たしてそんなものが作れるのか?

グルコバでの肉のローテーションと私自身の問題意識から、メニューは「ポークビンダルー」ということにした。

その経緯やそこからの試行錯誤を書いていると、このブログはいつまでたってもリアルタイムに追いつけない。ただでさえひと月以上の遅れだ。

ただ、悩んだのは原理主義と現実主義とをどこで折り合いをつけるかという点だった。結局、極めて現実主義路線で行くことにした。なので、今回の「ポークビンダルー」は私がうまいと思うレシピであって、「こんなもの、現地で食べるものとは違うじゃないか」と言われても、「食べたことがないのでわかりません」と開き直るしかない。自分がうまいと思うものを作るのが30人以上の方に食べていただく料理を作る者としての責任ではないかというのが今回の結論だ。その責任を全うするだけの準備はしたつもり。

これは「ポークビンダルー」のためにフライドオニオンを作っているところ。

フライドオニオン

ポークビンダルーにフライドオニオン?」と思われるかもしれないが、そういうレシピなのだ。

加えて今回のメニュー選択では、「フィッシュコロッケ」が師匠の構想とかぶっていて、「それならそれも作りなさい」ということになった。

所詮コロッケだけに、レシピに悩むことはないだろうと思っていたら、余分なイメージが膨らんでいき、その収束に苦労した。これは試作するゆとりなく本番に臨んだ。実際には意図したところは半分も実現できず、私的には残念な結果に終わったと思っている。

さらに、これまでの好き放題路線も堅持したく、旬の野菜で何品か作りたいと思い、頼りの「奥田商店」のお姉さんの協力を頂いて、この時期としては素晴らしい和歌山産のなす、奈良産のズッキーニ、いんげんを仕入れた。

なすはアチャールに。これも自分がうまいと思えるレシピで作った。ズッキーニは生で食べてもいいくらいのものを頂いたので、どうするかずいぶん悩んで、素材の良さを活かすにはむしろ形を無くしてしまったほうがいいのではないかということで、チャットニーにした。地物の瑞々しさが活かされた選択だったと思う。

いんげんはワルワルに。

カレー

当日はいつもながらえて吉さんはじめ、参加者の皆さんのお手伝いを頂きながらも、自分の作業に手一杯で、いつも以上に皆さんと交流するゆとりなく終わった。申し訳ありません。

出来上がり

カレーリーフが余ってもったいなかったので、急遽「チキンレバーフライ」なんかも作ってみた。

そうしてできた完成品がこれ。

盛り付け

こう改めて見るとなんだか感慨深いものがある。

皆さん、おいしく食べて頂けたかな。

次のグルコバでもよりうまいものが作れるよう、頑張りますので、よろしくお願いしま~す。

まだ若干のお席はあるようなので、よろしければご参加ください

スポンサーサイト
こばやし
お疲れ様でした。つーか、もうじき次のグルコバですが(笑)。

グルジリやグルハギはどちらかというと原理主義路線ですが、うちはあくまで現実路線でやって行こうと思っているので、まずは日本人が食べておいしいと思う料理で考えて行きましょう!
2010/07/06(火) 11:18:44 | URL | [ 編集]
spoonful
そうですね。「現地では・・・」と言っても、食べる人は現地の味を知らない人がほとんどですからね。でもあまり根拠のないただの創作カレーにはならないよう、気をつけようとは思っています。
そろそろ次回のメニュー、教えていただけるとありがたいのですが。おまけを考えたいので。
2010/07/07(水) 11:28:08 | URL | [ 編集]
こばやし
今のところはこんなものかなと。

ナハリ
オクラとパプリカのコザンブ
トマト・パプ
バガラ・ベイガン(myblackmamaさん)
ゴーヤの何か(myblackmamaさん)
きゅうりと枝豆のサラダ
かぼちゃのマスタード風味
プリホーラ
ライス
ワダ
パパド
オニオンチャットニー
パロタ
夏野菜のバジ(ナス、かぼちゃ、ズッキーニ)
2010/07/07(水) 13:24:33 | URL | [ 編集]
spoonful
ありがとうございます。
プリホーラ!あれ、うまかったですよね。是非作らせてください。
2010/07/08(木) 09:47:49 | URL | [ 編集]
こばやし
プリホーラは、オリジナルレシピで行くなら、是非どうぞ。
2010/07/08(木) 11:05:45 | URL | [ 編集]
spoonful
いやいや、レシピをちゃんと覚えたいので、調理役、やります。
2010/07/09(金) 11:04:06 | URL | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

search this site

RSSlink

links

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

ブログランキングに参加しています。ポチッと応援お願いします。

FC2Blog Ranking

にほんブログ村 グルメブログ カレーへ
にほんブログ村 にほんブログ村 グルメブログ カップ麺・カップラーメンへ
にほんブログ村

QRコード

QR

フリーエリア

   


copyright 2005-2007 a spoonful of blues all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。